トップ / 求人内容で企業を診る

年齢制限付求人情報

求人募集の平均年齢は

多くの求人募集案件がでていますが、若い世代ほど募集件数があります。高齢になるほど少なくなっていく特性があります。日本における募集平均年齢は30代前後です。企業が求める人材は新卒や経験や知識を有している中高年の人材です。また将来の可能性がある20代後半や30代後半は採用の大きな分かれ目でもあります。企業の求める採用と年齢は大きく関係しています。知識や経験などの能力があれば年齢に関係なく採用している企業もあります。業種によっては若い世代を積極的に採用しています。工業系の業種は体力重視なので求人平均年齢が低くなります。

やりがい

募集平均年齢から分かること

求人の平均年齢が著しく若い場合には、未熟な社員が多い可能性があります。すぐに昇進できる可能性は高いですが、誰かに何かを学ぶという姿勢ではやっていけないことでしょう。また、離職率が高い可能性もあります。離職率が高い企業は勤続年数が長い社員がおらず、新たに取る社員は若い場合が多いので、平均年齢が若くなる傾向があるのです。若い人が多くて良いという面もありますが、色々な世代の人との付き合いの機会が少ないというデメリットもあります。このような求人を見て応募する場合には、これらのことは予め念頭においておいた方が賢明です。